千ノ気まぐれ誌

同情するだけの惨めさは無く、ただ嫌悪のみがあった。