千ノ気まぐれ誌

同情するだけの惨めさは無く、ただ嫌悪のみがあった。

2021-02-08から1日間の記事一覧

毒虫

かの有名な小説「変身」は 作者フランツ・カフカにとっては 喜劇としての位置づけだったらしい。>>カフカはこの作品の原稿をマックス・ブロートらの前で朗読する際、絶えず笑いを漏らし、時には吹き出しながら読んでいたという。だとすれば彼はある意味文才…