千ノ気まぐれ誌

眠い頭で書き散らす、とっ散らかった怪文書

プラレール

悲劇はいつも無遠慮に上がり込む。

貨客車の捌き

旧型客車を増備しようと思い立ったが翌日。 早速客車を捌きました。荷物車の扉を組み込むべく側面を摘出。 パレット客車も作ろうとワキ10000まで解体。側面を剥がれて用途喪失となった客車のシャーシに このワキ10000の側面を移そうと企んでおります。……とこ…

車輌紹介:E F16 5

プラレール初期よりその名を連ね、 長く[S-34]に居座り続けた東海急行。彼が自動車運搬列車に置き換えられてより 早くも一年が過ぎました。そしてこの車輌も、落成より一年が過ぎてしまいました。「PFを湘南色に塗り変えてしまおうか。」そう考えついたのが…

車両限界測定器

プラレール改造において車両限界を測定する際、 厳格に車高を測っている人はわずか。大抵は橋脚下をくぐらせて 接触しなければヨシとする人がほとんどです。しかしこれらの改造車は 坂上に設置された橋脚に接触してしまい 走行不能に陥る事がしばしば。その…

扇状庫の研究

この前ブックオフで面白い物を買いました。バケツの蓋です。プラレール きかんしゃトーマス たためるトーマス機関庫発売日: 2015/04/02メディア: おもちゃ&ホビーコレを元に一つ煉瓦タイプの扇状庫を作ってみようかと思い、 製品のスペックを徹底解剖してみ…

プラレールナローの車輌シャーシの研究・そのニ

プラレールナロー考察その三です。プラレールナローの車輌シャーシについて - 千ノ気まぐれ誌で試作したシャーシが量産向きではないこと、なによりナローには長すぎる代物であったことから 規格としてはお蔵の肥やしに。そこで今日は新たな工法でシャーシを…

検車台レールを作ろう。

寒い日が続いていますねどうも、千ノ李旧です。クモヤ92を作ってからと言うもの、 全く作業に向きあっていないわたくし。記事にする話も枯渇ぎみのため、 ここは準備運動に一つ軽い作業をしました。

車輌紹介:クモヤ92(モヤ4600)

令和ニ年の改造納めとしてクモヤ92を落成させました。

令和ニ年改造車総括

突貫工事によってなんとか 今年最後の改造車が落成しました。"約"25両が今年に落成しました。 "約"とあるのは紛失した車輌や 記憶違いによる数え損じがある為です。珍車ばかりが目立ちますね。 その他車両基地のストップレールを改造した 検車台レールが数枚…

怠惰ですよ

日々を浪費している。 毎日々々、なんの成果もなく過ぎていくのです。映画も観ない、本も読まない、絵を描かない、音楽を聴かない。 新たに吸収する事なく、新たに作り出す事なく。明日もまた時間を台無しにするのでしょう。 ああ、辛い。まあ、愚痴ばかりも…

設計図一覧

今まで描き溜めた設計図や寸法の数々です。 道具が貧弱なため、精密性に難がありますがどうかご容赦ください。 また手慰み的に描いた粗雑な物も多いですが それもどうかご容赦ください。

プラレールナローの車輌シャーシの研究・その一

プラレールナロー考察その二です。以前プラレールナローの軌間について - 千ノ気まぐれ誌にてプラレールナローを定義しました。 今日は車輌についての話です。

車輌紹介:DE10原色(逆機仕様)

DE10を持っている諸君であれば 一度はエンドを入れ変える事を考えたはず。 今回は実際に作ってしまいました。

車輌紹介:小型軌道電車

見ての通り箱根登山鉄道が種車です。 気が向いた時にちょっとづつ作りました。

車輌紹介:ニュー電車(後尾車)

これはなんでしょうか? - 千ノ気まぐれ誌 にて紹介したこちら、依然として正体不明です。 実をいうとそれもそのはず、何故なら…

これはなんでしょうか?

見たことのないプラレールに遭遇しました。その風貌から103系のようにも見えますが 非ユニット窓でもあるので 実は中原所属の101系冷房改造車がモデルかもしれません。車輌のデザインからみて90年代の製品とみえます。プラ電車の金型が組み替えられて使用さ…

ステルス腰高車

「ステルス腰高車」を提唱したい。 これは[車体の位置自体はとても高いのだが 床下モールドの表現によって一見普通に見える車輌] という概念である。

プロジェクトS.E.T.その2

主だった部品が組み上がりました。部品を交換して背丈を低く出来るようにこしらえてあります。組み上げた部品のすべてです。 小さな屋根部分の交換で背丈を調整しているのです。プラキッズとトミカタウンを基礎に設計を組んだので この通り並べても違和感は…

プロジェクトS.E.T.

作業机の上に突如として出現した謎の建築物。彼女は「プロジェクトS.E.T.」の最初に作られた。「プロジェクトS.E.T.」の各頭文字の意味とは?長きに渡る壮大な計画が今、本格的に始まる。

放置車・製作中途車総括/02-9

この数ヶ月もの間、乱雑で手の抜かれた記事でお茶を濁しに濁しきっていました。 しかしそんな記事ばかりでは読む者は失せてしまうでしょう。 そろそろ清算の時です。ここに忘れさられた車輌の数々を纏めます。

プラレールナローの軌間について

「ちゃぶ台返し騒動」でプラレーラー一同騒然となった8月12日。 周知の通りプラレールの起源がアメリカにあった事が判明した夜中の騒動です。私はその騒動の中で、列挙してなだれ込んでくる情報の数々に目を回していました。 そんな中、そのなだれ込んできた…

モハ72作ってます

近々しっかり記事を書きたいところです。

近頃作っている車輛

千ノ李旧である。 近頃は当誌限定で公開している車輌をほったらかして鶴見線のプラレール化にうつつを抜かしている

車輌紹介:クモハ73(原型)

近頃ツイッター上で63・72・73系電車のプラレール化の流行を感じるの 当初編成での紹介予定だったものを急遽落成済みの先頭車両のみご紹介いたします。

ぬえ

ぬえ、と言ってみる。 どうも千ノ李旧でございます。最近は作っている物も軒並みほったらかしております。 嗚呼だらしない。

進捗報告

どうも皆様、千ノ李旧であります。 まず始めに謝罪から、 コチラの仮記事にて今日中に書くと宣言しながら 翌日になってしまった旨をお詫び申し上げたい。 さて、しばらく放置しました進捗報告なのでございますが まずまずの成果を見せております。

今日は雨が強い。

様々な事にもまれ、更新滞りました。 どうも千ノ李旧でございます。

昨日より

昨日新たに着手した旨の記事を書いたはずです。 本日はその続きです。

い・け・な・い・レールマジック

やや日が空きました、どうも千ノ李旧であります。巷では肺炎ウイルスとデマとパニックその他色々な何かが 跋扈していますが、皆は如何に過ごしているのか。

車輌紹介:衝突試験車(国鉄長野工場)

先日書いた通り、車輌紹介をいたします。