千ノ気まぐれ誌

同情するだけの惨めさは無く、ただ嫌悪のみがあった。

検車台レールを作ろう。

寒い日が続いていますね

どうも、千ノ李旧です。

クモヤ92を作ってからと言うもの、
全く作業に向きあっていないわたくし。

記事にする話も枯渇ぎみのため、
ここは準備運動に一つ軽い作業をしました。

f:id:Plarailer009:20210109233531j:plain


今回加工するのは車両基地セットのストップレール。

一式丸ごとで使う事が前提のために
単体で使うにはやや難儀するこのレール。

複線で使えるようにし、汎用性を高くします。

f:id:Plarailer009:20210109233547j:plain

まずは解体。
ネジを外すだけです。

f:id:Plarailer009:20210109233603j:plain

操作レバーのある面はバッサリと切り落とします。

レール分の厚さのあるモールドに鋸でスジ彫を入れ
両端に若干切り込みを入れます。

f:id:Plarailer009:20210109233618j:plain

残りはPカッターでスジ彫と切り込みを繋げ切断。
私はPカッターがナマクラとなっていたので
鋸で切り落としました。

ここまでは簡単です。

f:id:Plarailer009:20210109233656j:plain

難しくなるのがここから。
まずは両端にこの位置に目印を入れます。

f:id:Plarailer009:20210109233707j:plain

切断。

要領としては反対側と大きな差はありませんが
モールドのため真っ直ぐな切断が難しくなります。

f:id:Plarailer009:20210109233733j:plain

次に検車台の高さを落とす加工です。

表面を1.5㍉程切り落とします。

f:id:Plarailer009:20210109233748j:plain

切り落とした物がこちら。
裏側の削ぎ残しはヤスリでツライチ
f:id:Plarailer009:20210109233801j:plain
した物がこちら。

f:id:Plarailer009:20210109233813j:plain

ネジ棒を取り払っておくと裏返した際の見栄えが良くなります。

検車台を一段切り落とせば切断加工はすべて終了。

f:id:Plarailer009:20210109233841j:plain

最後に全てのパーツを接着し、加工は終了。
全部でおよそ一時間前後です。

加工方法によって様々なバリエーションが作り出せるかと思います。
検車台の高さ、レールの向き・長さ等々。

f:id:Plarailer009:20210110001622p:plain

量産した物を並べるとこの通り。
場所を取らないので小さなレイアウトでも
使い易いかと思います。

f:id:Plarailer009:20210109233856j:plain

そうそう、切り欠きを入れておくといいですよ。
てんてつきレールなどが使い易くなりますので。

皆様、良ければお一つくらい、いかがでしょうか?