千ノ気まぐれ誌

爆裂惰性筆法

車輌紹介:衝突試験車(国鉄長野工場)

先日書いた通り、車輌紹介をいたします。




f:id:Plarailer009:20200314000646j:plain

・衝突試験車(国鉄長野工場)
 高運転台車輌の耐久性・安全性をはかるため
 オハ60 144・145を種車
 高運転台の急行顔を取り付けた実験車。
 ほとんど未加工の種車
 白地に格子状に黒線の入った前頭部が印象的な車輌。

他の改造にて東海急行の頭部が二つ余る事になったので
ならば冗談で作ってみようと作成しました。

f:id:Plarailer009:20200314183807j:plain

こちらの衝突試験車、すでに作例が二つもあり
すでに見慣れた車輌であったため一捻り加えようと
実在しない中間車も作成。

f:id:Plarailer009:20200314184138j:plain

先に片手間で作ってあったオハ60の屋根にパンタグラフを搭載しただけの物です。
車体そのものは窓割りの変更したほかは未加工なので屋根の交換するだけでオハ60に戻せます。

f:id:Plarailer009:20200314230908j:plain

切妻車体では珍しいオハ60の三枚窓はプラ板・プラ棒で再現。
1㎜プラ棒二本に1.5㎜程に切り落とした0.3㎜プラ板を接着しました。

f:id:Plarailer009:20200314184812j:plain

「自走可能な車輌なら営業運転も可能だろう」
と理解不能な発想から実車と異なり側面扉と窓サッシも再現。

f:id:Plarailer009:20200314185216j:plain

それぞれの素材は

・乗務員扉→209系金型
・窓サッシ→東海急行
・客室扉→ダイソープチ電車E231系

となっております。

f:id:Plarailer009:20200314231506j:plain

整備上の利便性を考えてシャーシを旧客の一体成型から東海急行のシャーシが入るように加工してあります。
そのままでは客室扉が干渉してシャーシが入らないので…

f:id:Plarailer009:20200314001114j:plain

ドアを切り取った後、裏下部を削ってから接着。

実物を見た人からは「なんでここまで気合い入れて作ったの?」と言った感想をいただきました。

何故作ってしまったんでしょうね?