千ノ気まぐれ誌

爆裂惰性筆法

CD買い太り

f:id:Plarailer009:20200522005923j:plain


近頃CDの買い太りが深刻である。
ココに写ったCD、
殆どが今年に入ってから買ったものである。

これ以前はたった二枚ポッキリの慎ましやかなコレクションに過ぎなかったのだが…

しかもこれからもどんどん"太って"ゆく所存である。
嗚呼、財布が持つか心配である。


ところで。





話題は変わるが「不埒なCANVAS」は皆聴いたか。
これは私がこよなく愛するゲーム<アイドルマスター シンデレラガールズ>のCD展開の一環の内に作られた曲である。
普段よりプレイによって数十曲も聴いてきた私であったが
「良い曲である」と感じても購買意欲をかき立てられる事は無かった。

しかしながらこの曲はイントロを耳にしただけで"グッ"ときた。
胸を打ちぬかれる感覚を覚えた。
頭の中がかき回されるような快感に痺れた。

そして聴き終えた時には半ば放心状態でひどく感動した。
次に気がついた時にはCDを片手に持っていた。
水色のジャケットが爽やかである。

これは実際に聴いてもらった方が早いだろう。
これは試聴用に一番だけを公開したものだ。


【アイドルマスター】「不埒なCANVAS」(歌:輿水幸子、塩見周子、相葉夕美)

爽やかかつ軽快なシンセサイザーを基本として
バックで静かにかつ印象的に主張するベース、
癖になるようなタムドラムのリズム、
そして軽やかに跳ねるピアノの音がこれらの舞台に美しく踊る。

この現代的なサウンドはテーマであろう青天下のビル群にこれ以上ない程に似合っている。
目を閉じれば東京の高層ビル群が瞼に浮かぶような、
そんなサウンドにすっかり私は中毒になってしまった。


頼む、どうか似たサウンドを持つ曲を知らないか。
もっとこのような音楽を聴きたいのだ。
出なければ私の脳味噌は栄養失調でしわくちゃになってグリンピースのようになってしまう。

教えてくれ、現代的なサウンドの曲を!