千ノ気まぐれ誌

同情するだけの惨めさは無く、ただ嫌悪のみがあった。

車輌紹介:クモヤ92(モヤ4600)

令和ニ年の改造納めとしてクモヤ92を落成させました。

f:id:Plarailer009:20210106232923j:plain
f:id:Plarailer009:20210106233003j:plain

クモヤ92形は、1958年に教習制御電動車として大井工場でモハ73055から改造された。
改造当初はモヤ4600形と称したが、1959年6月の称号規程改正により、クモヤ92形 (92000) と改称された。

教習用として改造され、室内床上に遮断器、主制御器、界磁接触器、電動発電機、空気圧縮機が設置されており、走行中の動作を観察できるようになっていた。
また床にはガラス窓部分が有り、床上に設置できない制動装置等の動作を観察できるようになっていた。
車体は前面非貫通で、妻面上部に前照灯が埋め込まれている。
側扉は中央の2か所が埋められ、4か所から2か所に減らされている。

改造後は1983年の廃車まで中央鉄道学園で使用されていた。(Wikipediaより引用)

種車はおなじみの209系金型です。

扉が減った代わりに窓が増えたくらいで
基本的には他の72系と大した相違はありません。

……もっとも、時間不足と気力切れから
所々に荒が目立つ物ではありますが……

f:id:Plarailer009:20201118005232j:plain

ただし細かいところはそれなりに拘りました。
まず扉のプレス加工の再現でございます。


f:id:Plarailer009:20210106233418j:plain

改良形の切妻旧型客車からドアのプレスを移植。

見ての通りかなり厳しいレイアウトですが、
これが気にならないくらいに側面がキリリと引き締まります。(ただし加工が面倒故に一枚だけ従来ののっぺりした扉ですが……)

f:id:Plarailer009:20210106233344j:plain

以前の三段窓は1㍉角棒を切り出しただけの代物で表現していましたが
今回は1㍉角棒伸を二本貼り合わせた物を
切り出して窓枠に差し込んであります。

これにより影が窓枠に差し込み
よりシャープな仕上がりとなるのです。

f:id:Plarailer009:20210107000209j:plain

また、前面窓はプラ棒ではなく
0.3㍉プラ板によるモールドで再現。
ライト類は東海急行の複製品です。

f:id:Plarailer009:20210106233147j:plain

屋根は冷房装置のみを残して撤去。

これを前後に延長するように
旧型客車の屋根で穴を塞ぎます。

f:id:Plarailer009:20201228235446j:plain

ただしこの方法は元々車輌限界いっぱいの冷房装置に高さを合わせている為、
結果的に屋根上機器の高さがまったく取れません。

f:id:Plarailer009:20210106235440j:plain

これによって今まで使用していた新103系のベンチレーターが使えないので
新たに江ノ電旧500形からベンチレーターを複製。
これは車輌限界に合わせて薄く設計されているので大変都合がいいのです。

パンタグラフも特殊な切り出し方で薄型にしてあります。

塗装もいつもの船底色ではなく、
鉄道カラーのぶどう色2号。

黄色の帯については
持ち合わせを適当に選んだ為に不明。

屋根色も同様に不明。
ただしこちらは普段より使用している物と同一ですので
また後々に修正いたします。