千ノ気まぐれ誌

同情するだけの惨めさは無く、ただ嫌悪のみがあった。

車輌紹介:オハフ30・オハ31

31系客車が二輌落成しました。
以前作ったものの塗り直しと新たに製造したものです。


f:id:Plarailer009:20210328170728j:plain

f:id:Plarailer009:20210328170739j:plain

国鉄初の鉄製客車群です。

以前リベット付きで落成予定といった旨の記事を書きましたが技術的に困難と判断して中止。

さらにオハとオハフの窓配置が全く同一だったり
そもそも窓の天地寸法が種車のままだったりと
随分と大雑把な仕様ですが、
あくまで雰囲気だけの車輌と割りきってしまってます。

f:id:Plarailer009:20210328170916j:plain

種車はもちろんのスハフ33、窓一枚分を詰めて
17mの短い車体にしてあります。
特徴的な二重屋根を再現すべくプラキッズ部分はごっそり撤去。
屋根も左右それぞれでおよそ7㍉ほど切り落とします。

f:id:Plarailer009:20210328171605j:plain

屋根裏に2㍉角棒を通して屋根の基礎を造成。
切妻型旧型客車からベンチレーターとネジ棒を切り出し、
それぞれ屋根に貼り付けていきます。

残りの部分は適当にプラ板を切り出し、エポキシパテで調整。
窓柱は1㍉角棒を二本張り合わせたものを差し込み、
その上に0.3㍉プラ板を重ねます。

シャーシは今回はE4系の中間車のものを使用。
これは同金型のE1系はもちろんのこと、
一部の在来線特急にも使われているものです。

f:id:Plarailer009:20210328173015j:plain

車体塗装は鉄道カラーのぶどう色2号と
Mr.カラーの船底色を重ね合わせて使用。
屋根はMr.カラーの呉海軍工廠標準色を使用。

以前と異なり二輌ともに
戦後の赤帯の無い姿となっています。

f:id:Plarailer009:20210328175017j:plain

プラレールでは全くと言っていいほどに見かけないダブルルーフ車、
C11などのタンク式機関車などに牽かせるとなんともレトロな地方ローカル線の雰囲気が味わえます。