千ノ気まぐれ誌

眠い頭で書き散らす、とっ散らかった怪文書

いらっしゃいませ

当ブログへの御アクセスありがとうございます。

初めましての方も知り合いの方もよろしくどうぞ、
わたくし「千ノ李旧(セン ノ リキュウ)」と申します。

今までの間ほぼTwitterにのみ生息していましたが
この度重い腰をあげてブログの運営を始めます。

改めて皆さま、どうぞよろしくお願いします。

ゆるキャンはしたいがキャンプはしたくない

ゆるキャンがしたい。
しかし、キャンプはしたくない。

うら若き乙女になってゆるキャンがしたいのであって
キャンプがしたいわけではない。

しかし。

よしんばゆるキャンできたとて、
夏ですら底冷えして目覚めるような山中湖へ
冬にキャンプなどしたら凍死してしまう。

私は死にたいが凍死はしたくない。

できれば春先にゆるキャンがしたい。

それが叶わぬなら。

せめて、ローストチキンのあとに鶏ガラスープのラーメンを食べて
満足したままテントで練炭自殺出来ないだろうか。

嗚呼、荒んだ精神に癒やしが欲しい。
それが叶わぬなら安らかに逝きたい。

貨客車の捌き

旧型客車を増備しようと思い立ったが翌日。
早速客車を捌きました。

f:id:Plarailer009:20210214221810j:plain

荷物車の扉を組み込むべく側面を摘出。
パレット客車も作ろうとワキ10000まで解体。

f:id:Plarailer009:20210214222032j:plain

側面を剥がれて用途喪失となった客車のシャーシに
このワキ10000の側面を移そうと企んでおります。

……とここまで工作しながら興味は明後日の方向に。

松竹映画の「張り込み」を見たせいで
1958年頃の東京〜九州間の急行に興味が向いてしまったのです。

"青大将"の牽く急行薩摩
門デフが華奢な急行西海

……パレット客車なんぞは
どうでもよくなってしまいました。

編成長き急行列車の、堂々たる姿。是非とも再現したい。

去年の今頃の話

風雨に泣きながら加悦鉄道目指し歩いていた。

公衆浴場に浸かっていた。

天橋立でラーメンを啜っていた。

高速バスを待ちぼけていた。

詳細を綴ろうにも、記憶はとうにボヤけてしまった。

f:id:Plarailer009:20210211234603j:plain

その事々を知っているのは、背景を忘れ去られた写真だけ……

毒虫

かの有名な小説「変身」は
作者フランツ・カフカにとっては
喜劇としての位置づけだったらしい。

>>カフカはこの作品の原稿をマックス・ブロートらの前で朗読する際、絶えず笑いを漏らし、時には吹き出しながら読んでいたという。<<

だとすれば彼はある意味文才に欠けていたか、
あるいは捻くれた性格の持ち主だったのだろう。

節分

福は外。

鬼は内。

どうも、千ノ李旧でございます。
切腹するので日輪刀下さい。




今年も節分という奇習がやってきました。

豆投げて何になる。

五穀信仰も"魔滅"の駄洒落も
知らずに豆を投げる。

今どき豆に霊力が宿るか。
信仰も言霊もないのだぞ。

鬼が嫌う物を用意するのが道理だろう。

鬼は匂いのキツく、尖った物を嫌う。
コレを踏まえると自ずと答えが出る。

パクチーを押し込んだ竹槍で刺すのが一番よい。



恵方は南南東。

f:id:Plarailer009:20210202165226j:plain

f:id:Plarailer009:20210202165240j:plain

遥か彼方にアナタハン
そんな所に恵方があるか。

(なんか貰えるそうなので宝くじ感覚で追記
今週のお題「鬼」)

"沼"が手招いている。

「沼に落ちる」

何かしらにのめり込み、熱狂していく。
徐々に熱が入り、やがて抜け出せなくなる様を
いつしかそのように形容されるようになった。

そして私もまた、今まさに「沼に落ち」そうになっているのである。

f:id:Plarailer009:20210131003409j:plain

これは他車への供出により
新鮮外気取入装置を撤去されたキハ182である。

このまま車輌庫の肥やしとするのは
スペースの浪費であるのは言わずもがな。

当然再改造(これは恐らくサロベツ用になる)
となる訳ですが問題はその点。

キハ183系は車種において
非常に複雑で多彩なバリエーションがあるのが特徴。

番台区分、塗装、改造車、運用、
どれを取っても大変な情報量を抱えている。

つまり一つ作っただけで芋蔓式に色んな車輌が
作った車輌の影につきまとう事になる。

キハ183系の深い深い沼である。

果たしてサロベツ三両編成で済むのか、
私は少し冷や汗をかいている。

車輌紹介:E F16 5

プラレール初期よりその名を連ね、
長く[S-34]に居座り続けた東海急行。

彼が自動車運搬列車に置き換えられてより
早くも一年が過ぎました。

f:id:Plarailer009:20210124203722j:plain

そしてこの車輌も、落成より一年が過ぎてしまいました。

「PFを湘南色に塗り変えてしまおうか。」

そう考えついたのが発売の一週間ほど前の事。
それも誰よりも手早く。

つまり、初日のうちに仕上げてしまおう、
そう考えついた訳です。

思いたったが吉日、
すぐさま黄橙色と緑色のスプレー缶を買い備えました。

そして待ちわびた発売の日、
疾風の如く買い、疾風の如く帰宅。

そして開封

その瞬間をもって作業が始まりました。

PFをマスキング。
車運車は解体。

これらを済ませて緑色を噴射。

しかし塗装環境は劣悪。

生憎の高湿により塗装は一向に乾かず、
早い日暮れによる暗闇で状態の確認もままなりません。

f:id:Plarailer009:20210124210717j:plain

「だが薄く知ったことか、大雑把に塗れてさえあればいい、
一番に早く仕上げる事、その事実だけが重要なのだ。」

塗装の甘さも承知で引き揚げ、マスキング、また噴射。

バランスに欠いた色の濃淡も無視して
ひとまず完成という体に。

f:id:Plarailer009:20210124211819j:plain

とりあえず箱に入れた時の見てくれは取繕えました。

この写真をツイッターに公開。

これが界隈外を中心にいたく気に入られ
今までで一番拡散されたツイートになってしまいました。

その後は特に出番もないため放置状態。
多分これからも収納棚の肥やしとして放って置かれるかと思われます。

車両限界測定器

プラレール改造において車両限界を測定する際、
厳格に車高を測っている人はわずか。

大抵は橋脚下をくぐらせて
接触しなければヨシとする人がほとんどです。

しかしこれらの改造車は
坂上に設置された橋脚に接触してしまい
走行不能に陥る事がしばしば。

f:id:Plarailer009:20210121235736j:plain

そのような状況を回避するべく
簡易的な車両限界測定器を作りました。

f:id:Plarailer009:20210121235945j:plain

プラレールの車輌限界と同一の数値の
縦幅レール面から51㍉、横幅40㍉に縮めた橋脚で
簡易的な車両限界の測定が可能です。

ただしあくまで簡易的な物ですので
製品など走行に問題ない車輌も
接触する場合があります。

というのもプラレールの特性上、
車体の位置によって車輌限界にバラツキがあり
車体の中央に近づくほど僅かな余裕が生じます。

f:id:Plarailer009:20210122000139j:plain

f:id:Plarailer009:20210122000400j:plain

そのため動力車やドア開閉車などの
ギミックを搭載した車輌は、
これに起用するスイッチなどの突起を
基本的に中央に固めています。

勿論これらの突起は51㍉より高い事が多いため、
製品であっても接触する車輌が出てくるのです。

このように若干クセのある物にはなってしまいましたが
性能としては十分ですので
積極的に使っていこうと思います。

扇状庫の研究

この前ブックオフで面白い物を買いました。

f:id:Plarailer009:20210115223205j:plain

バケツの蓋です。

プラレール きかんしゃトーマス たためるトーマス機関庫

プラレール きかんしゃトーマス たためるトーマス機関庫

  • 発売日: 2015/04/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー

コレを元に一つ煉瓦タイプの扇状庫を作ってみようかと思い、
製品のスペックを徹底解剖してみます。

この車庫において最も注目すべきは
端部の丸モールド。
この車庫はこれで九割と言っていいほどの重要な部分です。

f:id:Plarailer009:20210115223743j:plain

まず平置きした際、
このモールドによって車庫全体が傾斜します。

f:id:Plarailer009:20210115224401j:plain

当然そのままでは車輌が転がり落ちて
留置できないので車輌固定用に
ストッパーが設けられています。

線路中央に見える突起がその部分。
これで動力車特有のモールドに引っかかり、
傾斜した車庫においても車輌が留置できる設計です。

オマケに線路そのものもギミックを設け
車輌の"発射"遊びもできるという仕様。

構造そのものは質素でありながら
中々凝った出来、玩具としてのやる気が感じてとれます。

f:id:Plarailer009:20210115224002j:plain

また注目すべきは転車台と併用可能な点。

まず転車台は回転ギミックを収めるために厚さがあり、
結果としてレールジョイントの位置が高いのが特徴です。

これによって繋げた際に勾配が生まれ
ジョイントが引っかかる他、そもそも不格好になるなど
直接情景パーツを繋げるのは難があるのです。

f:id:Plarailer009:20210118233931j:plain

しかしながらこの車庫、例の丸モールドによって
ジョイントの高さが同じになり、
問題なく繋げる事が出来るのです。

転車台専用と言っていいほどの設計、
コレを活用しない手はありません。

f:id:Plarailer009:20210118235136j:plain

まず課題が四つ。

一、車庫全体の高さが足りない点。
ニ、側面がフラットな点。(煉瓦モールドの彫り込みが必須)
三、展開時の隙間の埋め方。
四、屋根のレリーフの撤去。

どれをとっても一筋縄では済まないもの、
一つ一つ気長に対処していこうと思います。

f:id:Plarailer009:20210119000053j:plain

プラレールナローの車輌シャーシの研究・そのニ

プラレールナロー考察その三です。

プラレールナローの車輌シャーシについて - 千ノ気まぐれ誌で試作したシャーシが量産向きではないこと、なによりナローには長すぎる代物であったことから
規格としてはお蔵の肥やしに。

そこで今日は新たな工法でシャーシを試作いたしました。

f:id:Plarailer009:20210113000249j:plain

こちらです。
まず特徴的なのが♂連の形状。

これはダイプチの連結器を加工した物で
元は別の車輌で編み出した工法。

連結器そのものが小さい為、車間を詰められるメリットがあります。

f:id:Plarailer009:20210112235800j:plain

その差はこの通り。
窮屈に列んだ軽便らしさを表現できます。

f:id:Plarailer009:20210113001107j:plain

シャーシの長さもこの通り。
100㍉もあったシャーシは93㍉まで圧縮。

中央部も切り落とせばさらに圧縮が可能かと思われます。



さて、肝心の量産性ですが……


これはまだまだ煩雑な工程を踏んでいる物と思っています。
より簡素なシャーシを目指し、研究を続けます。

ではまた試作シャーシが完成しましたら記事にいたします。