千ノ気まぐれ誌

同情するだけの惨めさは無く、ただ嫌悪のみがあった。

オロネ10の種車について考えた

f:id:Plarailer009:20210322192412j:plain

オロネ10
1959年 (1 - 91, 501 - 506)20系ナロネ21形をもとに開発。
プルマン寝台で、新製段階から20系同様に床下に冷房装置を搭載するが、駆動電源を供給するディーゼル発電機セットを自車に搭載する必要から自重が増加し、1ランクアップの「オ」級となった。
(中略)老朽化のため1983年6月に急行「まりも」(札幌 - 釧路間)の14系寝台車に置き換えられて、廃車された。(Wikipediaより引用)

当時の客車夜行列車には欠かせない名車、オロネ10。
しかしながらプラレールにおいては
あまりお目にかからない車輌である。

今日はその種車について少し考えてみた。

f:id:Plarailer009:20210322191725j:plain

オロネ10でまず思いつく、最もスタンダードな種車といえばやはりナハネフ22であろう。

オロネ10の車体は20系のおおよそ同一、リアリティを求めるなら当然この車輌となる。

しかし20系は知っての通り希少度の高い車輌。
おいそれと手に入るシロモノではない。
もし手に入れても、大抵の場合20系の増備が優先される。

こうしてオロネ10は今日も一向に作例が増えない。

そこで一旦20系を忘れてオロネ10について考察してみる。

まずオロネ10の特徴といえば何よりも
車輌限界いっぱいの深い屋根である。
その深さたるもの個性豊かな客車編成の中でも一際目立つ。

側面については結局全面的に作り変える事になる、
つまり種車に求められるのは深い屋根、
これさえ備えていれば申し分ないのだ。

そこでまず目をつけたのが北斗星

f:id:Plarailer009:20210322230412j:plain

同じ寝台車だけあって車輌限界いっぱいの深い屋根である。

f:id:Plarailer009:20210322230622j:plain

20系と比べてみても差はほとんど見られない。

また注目すべきは窓の形状である。
ほどほどの大きさの四角い窓なのだ。

これなら窓を作り直す事もなく
位置の調整や若干の加工でオロネ10独自の側面が再現できるだろう。

加工元とするには中々良い車輌である。
実際、これを使ってオロネ10を作った作例もある。

http://irresponsibleroom.blog50.fc2.com/blog-entry-156.html

ただし難点として上がるのが入手性である。
この北斗星も20系ほどではないが希少度の高い車輌。

最も加工に向いているであろうロビーカーは
トイザらス限定セットでの生産もあって比較的入手し易い車輌ではあるが、
それでも加工には若干の決心が要る。

さてどうしてやろうか、そんな事を思っていたある日、一つの車輌が頭に浮かんだ。

f:id:Plarailer009:20210322231758j:plain

カシオペアである。

種車とするには絶対である屋根の深さは十分にある。

f:id:Plarailer009:20210322232233j:plain

ただし20系に比べてやや小肥りで、且つ
二階建て車特有の屋根ビードがあるだけに
加工はやや面倒。

しかし入手性は非常に高く、何より先の二系式に比べて発展性が小さいのが気楽で良い。

フル編成を一本作ってしまえば
余った分を湯水の如く乱用できる。

側面撤去の阻害となるシャーシ押さえが
妻面裏に付いているのも加工が楽で良い。


これらを踏まえて加工案を練り上げるなら

1,屋根がフラットになるよう加工。
2,中間車化の要領で両車体を輪切り。
3,側面を撤去。
4,中間車化。
5,新たに用意した側面を接着。
6,各所整備、塗装。

という具合でしょうか。
カシオペアオロネ計画、始めます。